語りました
久しぶりに、あ~ちゃんと二人で飲みました。

今日の議題は、独身と既婚者の話題(関心事)の違いについて。

結婚・出産を機に、昔からの友達と会う回数が減るし、会っても、
関心事が仕事だったり、子供の育て方だったりと違ってきて、
話が合わなくなるな~という寂しさからの話でした。

が、お酒が入ると論点がズレてきてしまいまして・・・。

そのズレたまんまの投稿は、隠してみました。



結婚してるとか独身とか、子供がいるとかいないとか、関係なく友達と会って話すのは、楽しいです。でも、関心事=話題の中心は、独身だと「仕事」「趣味」(最近「老後」)になるし、家庭を持ってると、「ダンナ」「子供」「学校での付き合い」「両方の両親との付き合い」とかで全然違う。

お互いに立場や知識が違うことを踏まえた上で、今のお互いの状況・大変なことを話したりするのは、楽しいです。「今うちの子はこんな状態で、こんな苦労がある。」とか、「仕事でやなことあってさ~。」とか。

でもたまに、ダンナや子供のグチをさんざん言った後に、手放しで「minaは、自由でうらやましいよ」って言われると、カチーンッ!ってくる。

あなたは、そちらを選んだんでしょう!

・・・よく考えると、私自身が、『ないものねだりの愚痴』を聞くのが、嫌い。
結婚してて、「自分だけの自由な時間がいっぱい欲しい」
独身で、「家に一人でいるのが寂しい」

だったら、別れろよ!だったら、実家に帰れよ!って思うのは、短絡的・・・すぎるかなぁ。

追記
よく考えてみると、独身同士でも、「朝早い」とか「残業が多い」とか「土日が休日でないから、友達と休みが合わない」とかのグチを、心の中で「だったら辞めろよ」と思って聞いてます。
(人それぞれいろんな苦労があるはずなのに、自分だけが余計に苦労してるんだという口調で言われた場合です。)
えらそー書きましたが、私も反省すべき点が多々あります。
[PR]
by mina-web | 2005-06-24 23:36 | 日記
<< 甑 あと、一週間 >>