財務局から民事訴訟裁判告知が来た
それも、ただの財務局じゃないよ。
財団法人 東京第一財務局からでした。
どうやら、私は回収業者およびお取引契約会社から契約不履行で訴えられたらしい。

なんじゃそりゃ!ってツッコミドコロ満載の文章ですよ、ほんま。

後ろ暗いトコロがある人の不安はあおるのだろうが、具体的な内容が一切書かれていない。
せめて、封書にしたら少しは真実味があがるけど、引っかかる人はハガキでもひっかかるんだろうな。

さて、ここでワンポイントアドバイス
お金を払わずに訴えられるまでは、滞納する→契約してたトコから督促が来る→無視する→契約してたトコから「この日までにお金を返さないと、○○債権回収会社に回収をお願いしますよ」と通知が来る→無視する(期日までに払わない)→契約会社から債権回収会社(サービサー)に回収を依頼する→債権回収会社(サービサー)から「回収を委託されたから受託しました。これからはうちが回収します。払ってね。」と通知が来る→無視する→債権回収会社から「この日までにお金を返さないと訴訟を起こしますよ」と通知が来る→無視する→訴えられる・・・とゆーふーに、大変長い道のりがあります。
督促もなく、いきなり裁判がどうのって通知はありえません!
通知はもちろん、封書か内容証明です。
この個人情報規制しまくりのご時勢に、ハガキなんかありえないっ!

そして、最後は赤文字でこうしめくくってありました。
『※ご連絡なき場合には本書を勤務先等へ郵送させて頂きます。』

きゃ~、コワイ。
私の場合、どこに郵送されるんでしょう。
元契約してた派遣会社、今の契約会社、派遣先のどこかの会社・・・。
どこに届くかでいつ頃に私の個人情報が漏れたか分かるんだけどな。
(もちろん、どこかの職場に「訴えられましたよ~」ってハガキが届いた場合)

とりあえず、明日は会社に持ってって自慢します。



この前、債権回収会社の社長宅にこんなハガキが届いたらしい。
怒ってたって、そこの社員さんが教えてくれました。

私も今は債権回収関係の仕事してるんだから、ちゃんと相手を選んで送って欲しいもんだ。
[PR]
by mina-web | 2007-07-06 00:20 | 日記
<< パクリだと思ってました かなりずるい >>